株式会社 吉田石油店

お問い合わせはこちら

文字サイズ
標準
拡大

突撃!ラブちゃん

長野県上伊那郡箕輪町 長野/伊北IC
伊北インター/伊北セルフサービスステーション

中央自動車道伊北ICを左折してすぐのところにある伊北インターSS(サービスステーション)と伊北セルフSS。フルサービスとセルフが隣接していますが、フルサービスはトラックなどの大型軽油のみで、乗用車は全てセルフになります。

伊北インター/セルフSSは他の店舗に比べスタッフが20名と多めです。長く勤めている人もいて、お客様から「○○さん、いる?」と指名が入ることも珍しくありません。そんなベテラン集団の中に2016年4月に配属されたマネジャーの常盤和保さんは「まずは自分が受け入れられることから始めよう」と考えました。上司やリーダーが変わることはスタッフにとっても不安なこと。ゼロから始まる人間関係で、赴任当初は意思疎通がうまくいかずに悩んだこともあったといいます。これまでの経験や他店舗でのやり方などを一旦置いて、ここのマネジャーとして認めてもらえるよう全力で努めました。「お客様とスタッフは私以上の長い付き合いがあります。今まで通りそれぞれの個性を活かせることが大切だと思いました」

長年乗用車はフルサービスでしたが、2015年4月から完全セルフになりました。移行したばかりのころは慣れない手順にお客様から不安の声もあったといいます。また、お客様との接点がなくなっていくセルフスタイルにスタッフも戸惑いがありました。
「お客様から声をかけてもらうには…」メルマガやチラシにくじをつけてお客様の行動を促す取り組みなどをしました。でも「お客様にとって一番良いことはなんだろう」と考えた時、「顔と顔を合わせての接客が一番だ」ということに気づきました。セルフでも店舗にスタッフが1人でもいるのなら、フルサービスと同じように声をかけていくことにしました。少しずつお客様の不安も無くなり、最近では「セルフでも点検などの案内や提案をしてくれて嬉しい」との声も届くようになりました。

雪の時期はタイヤ交換のお客様が多く訪れます。昨年の大雪が降ったとき、タイヤ交換の予約をしていたお客様と突然の天候不順で立ち寄ったお客様が重なり、一日中お客様の列が途切れないことがありました。その日のスタッフは必死に、またスムーズに対応してくれました。週末のイベントとも重なり疲労もピークに達していたなか、全員で協力してやりきったその時のことは常磐マネジャーの印象に強く残っています。「スタッフには本当に感謝していますし、なにより楽しく仕事ができました」。イベントではタイヤ200本、11月で500本の売り上げを達成しました。

現在、スタッフで整備士の資格を6人が持っています。お客様のなかには年配の方もいて「車のことはココに任せる!」という人もいるそうです。お客様の距離の近さと確かな技術をもつスタッフがそろう伊北インターSSは、お客様のニーズにあった体制が整っています。常磐マネジャーが目指すのは「街の車屋さん」。「『街の車屋さん』としてお客様から必要とされ、愛され続ける店舗にしていきます」。

  • お困り事はなんでもご相談ください!

    お困り事はなんでもご相談ください!

  • インター近くということもあり、多くのお客様が利用します

    インター近くということもあり、多くのお客様が利用します

  • 「Thank you!」ラブちゃん異文化交流!?

    「Thank you!」ラブちゃん異文化交流!?

  • 「ここで洗車だよー!」洗車機は少し奥の方にありますが、いつでも利用できます!

    「ここで洗車だよー!」洗車機は少し奥の方にありますが、いつでも利用できます!

  • 常磐マネジャーと一緒にトラックを掃除するラブちゃん「と、届かない・・・」

    常磐マネジャーと一緒にトラックを掃除するラブちゃん「と、届かない・・・」

  • タイヤの品ぞろえも充実!タイヤ交換もお手の物

    タイヤの品ぞろえも充実!タイヤ交換もお手の物

サービスステーションの詳細情報はこちら

わたしたちの街

長野県上伊那郡箕輪町

  • ▲赤そばの里(提供:箕輪町観光協会)

    ▲赤そばの里(提供:箕輪町観光協会)

  • ▲もみじ湖(提供:箕輪町観光協会)

    ▲もみじ湖(提供:箕輪町観光協会)

伊北インターのある箕輪町は長野県の中心部に位置します。南アルプスと中央アルプスに抱かれ、水と緑に恵まれた町です。
箕輪町の4大スポットの1つである「赤そばの里」は、日本でも珍しい赤そばのピンク色の花が一面に広がります。東京ドームほどの広大な畑を埋め尽くすルビーの絨毯を一目見ようと、県内外から多くの人が訪れます。2017年は9月16日(土)から10月8日(日)に赤そばの里がオープン、9月30日(土)、10月1日(日)は赤そば花祭りが行われます。
秋にはもみじ湖の1万本のもみじが紅葉し、青い水面と燃えるような紅色が感動の情景を描きます。見頃を迎える10月下旬から11月上旬には、カメラを片手に多くの人が紅葉狩りを楽しみます。

スタッフいちおしの『グルメ』

信州みのわ愛す工房

  • ▲季節ごとに旬なジェラートが並ぶ

    ▲季節ごとに旬なジェラートが並ぶ

  • ▲悩む人にはダブルがオススメ!

    ▲悩む人にはダブルがオススメ!

もみじ湖の近くにあるイタリアン・ジェラート店「信州みのわ愛す工房」。フルーツ王国ならではの地元産の新鮮で旬な果物を使ったジェラートが楽しめます。豊富なジェラートのなかでも田山敏行サブマネジャーがオススメするのは、酪農家の店主が作る定番のミルクです。
夏はシャーベット系のジェラートも人気で、なかでもスイカ、トマト、ハチミツレモン、モモのシャーベットはお店のイチオシです。シングルは250円、ダブルは300円。持ち帰りも可能です。

自然を感じながら食べるジェラートは、一味違っておいしい!

田山 敏行サブマネジャー

田山 敏行サブマネジャー

ピックアップPICKUP

  • らぶちゃんページへ
  • YDCカードメール会員募集!
  • 株式会社吉田石油店 アルバイト求人サイト
  • 吉田石油店はカマタマーレ讃岐を応援しています。

キーワードや地図から、目的のサービスステーションを検索します。条件を絞り込んでの検索も可能です。サービスステーション検索はこちら

ページトップへ

Copyright(c) YOSHIDA OIL CO.,LTD.All Rights Reserved.